ユーザ用ツール

サイト用ツール


chardesc

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
chardesc [2019/09/08 00:03]
名無しⅡ号
chardesc [2019/09/14 20:51] (現在)
名無しⅡ号
ライン 1: ライン 1:
 +\\
 +<fs xx-large>​**性格/属性**</​fs>​
 ---- ----
 ==== 概要 ==== ==== 概要 ====
ライン 34: ライン 36:
 前作では比較的簡単に上下する属性だったが、\\ 前作では比較的簡単に上下する属性だったが、\\
 今作では変動する場面も変動量も大幅に少なくなった。\\ 今作では変動する場面も変動量も大幅に少なくなった。\\
-特に悪辣側に傾けるのは現実的ではないと言っていいレベルで困難である。 
  
-加えて、実利の面でも悪辣による恩恵は特にないため、\\ +さらに、英雄側に関しては「1キャラクタが得られる通算英雄度の上限」\\ 
-普通に英雄属性を溜めていくだけの軸にっているのはやや残念ところ。+なるものが何と100ポイントに設定されており、\\ 
 +一度でも悪辣行動を取った時点で英雄度100にはなれなくなるほか、\\ 
 +英雄側に傾いている状態で「小さくない悪辣または無法」を働くと、\\ 
 +その瞬間にこの軸そのものがゼロの状態にリセットされる。 
 + 
 +では悪辣側はどうかというと、こちらはこちらで意外なことに(?)\\ 
 +悪辣に傾くことのできる機会は英雄側以上に限られている。\\ 
 +ゲーム自体を台無しにしてしまうような破滅的なプレイを別とすれば、((街中で無差別にNPCを攻撃すると大きく下がる。利益と呼べる要素は特にない。))\\ 
 +悪人プレイをしようとしてもなかなか思った通りには行かないだろう。\\ 
 +加えて、実利の面でも悪辣による恩恵は特にない。 
 + 
 +総評として、意識して上下させるのがかなり難しく、\\ 
 +ゲームへの影響も英雄/悪辣とう名称からイメージするほど多ない。\\ 
 +ロールプレイ目的でない限り、あまり意識す機会のない軸になるだ
 === 遵法(+) ⇔ 無法(-) === === 遵法(+) ⇔ 無法(-) ===
 犯罪行為で無法に、それを取り締まる側の行動で遵法に傾く。 犯罪行為で無法に、それを取り締まる側の行動で遵法に傾く。
ライン 44: ライン 58:
 犯罪者集団を相手にするものがよく出てくるため、\\ 犯罪者集団を相手にするものがよく出てくるため、\\
 それを受けているうちに勝手に遵法に傾いていることが多い。 それを受けているうちに勝手に遵法に傾いていることが多い。
 +
 +ただし、英雄属性と同じ仕組みで、遵法側に傾いている際に\\
 +小さくない悪辣または無法行為を働くと、\\
 +問答無用で遵法度自体がゼロにリセットされるという性質を持つ。\\
 +遵法度を失いたくないロールプレイをしている場合などには注意しよう。
  
 一方の無法側は、そちらに傾く状況や選択肢は比較的分かりやすいものの、\\ 一方の無法側は、そちらに傾く状況や選択肢は比較的分かりやすいものの、\\
chardesc.1567868588.txt.gz · 最終更新: 2019/09/08 00:03 by 名無しⅡ号

OSDN