ユーザ用ツール

サイト用ツール


mech_types

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
mech_types [2019/11/05 00:35]
名無しⅡ号
mech_types [2019/12/17 23:05] (現在)
名無しⅡ号
ライン 58: ライン 58:
 ^  MV/​TR補正 ​ |  MV+1  |  TR+1  | ^  MV/​TR補正 ​ |  MV+1  |  TR+1  |
  
-^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​ホバー ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |+^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​滑空 ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |
 ^  移動適正 ​ |  並  |  並  |  並  |  並  |  並  | ^  移動適正 ​ |  並  |  並  |  並  |  並  |  並  |
  
ライン 75: ライン 75:
 ^  MV/​TR補正 ​ |  MV+3  |  TR-1  | ^  MV/​TR補正 ​ |  MV+3  |  TR-1  |
  
-^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​ホバー ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |+^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​滑空 ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |
 ^  移動適正 ​ |  良  |  ×  |  ×  |  ジ  |  並  | ^  移動適正 ​ |  良  |  ×  |  ×  |  ジ  |  並  |
  
 ^:::^  胴  ^  頭  ^  腕  ^  脚  ^  翼  ^  尾  ^  砲塔 ​ ^  ストレージ ​ ^ ^:::^  胴  ^  頭  ^  腕  ^  脚  ^  翼  ^  尾  ^  砲塔 ​ ^  ストレージ ​ ^
 ^  部位制限 ​ |  可  |  可  |  ×  |  可  |  可  |  可  |  ×  |  可  | ^  部位制限 ​ |  可  |  可  |  ×  |  可  |  可  |  可  |  ×  |  可  |
-地上戦を主眼として、白兵戦や脚部による走行性能を重視した動物型の機体。\\+地上戦を主眼として、白兵戦や脚部による移動性能を重視した動物型の機体。\\
 脚の数はモチーフによって四脚だったり二脚だったりと様々である。 脚の数はモチーフによって四脚だったり二脚だったりと様々である。
  
ライン 109: ライン 109:
 ^  MV/​TR補正 ​ |  MV-5  |  TR-1  | ^  MV/​TR補正 ​ |  MV-5  |  TR-1  |
  
-^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​ホバー ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |+^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​滑空 ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |
 ^  移動適正 ​ |  ×  |  ×  |  ×  |  優  |  優  | ^  移動適正 ​ |  ×  |  ×  |  ×  |  優  |  優  |
  
ライン 150: ライン 150:
 ^  MV/​TR補正 ​ |  MV-3  |  TR+0  | ^  MV/​TR補正 ​ |  MV-3  |  TR+0  |
  
-^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​ホバー ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |+^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​滑空 ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |
 ^  移動適正 ​ |  劣  |  ×  |  並  |  良  |  良  | ^  移動適正 ​ |  劣  |  ×  |  並  |  良  |  良  |
  
ライン 172: ライン 172:
 ^  MV/​TR補正 ​ |  MV-3  |  TR+0  | ^  MV/​TR補正 ​ |  MV-3  |  TR+0  |
  
-^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​ホバー ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |+^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​滑空 ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |
 ^  移動適正 ​ |  ×  |  ×  |  並  |  良  |  良  | ^  移動適正 ​ |  ×  |  ×  |  並  |  良  |  良  |
  
ライン 178: ライン 178:
 ^  部位制限 ​ |  可  |  ×  |  ×  |  ×  |  可  |  ×  |  可  |  可  | ^  部位制限 ​ |  可  |  ×  |  ×  |  ×  |  可  |  ×  |  可  |  可  |
 Aerofighterからいくらかの機動力を犠牲にした代わりに、\\ Aerofighterからいくらかの機動力を犠牲にした代わりに、\\
-ホバーによる地表移動能力と砲塔による攻撃性能強化を加えたカテゴリ。+滑空による地表移動能力と砲塔による攻撃性能強化を加えたカテゴリ。
  
 運用可能部位を見るとあまりパッとしないかもしれないが、\\ 運用可能部位を見るとあまりパッとしないかもしれないが、\\
ライン 187: ライン 187:
 戦いやすさという面では見かけ以上の大きな利益を与えてくれる部位である。 戦いやすさという面では見かけ以上の大きな利益を与えてくれる部位である。
  
-また、名前からはホバーが主体であるように思わせつつも、\\+また、名前からは滑空が主体であるように思わせつつも、\\
 実際は地表滑走より飛行や宇宙の方が得意である。\\ 実際は地表滑走より飛行や宇宙の方が得意である。\\
 Aerofighterには及ばないながらも速度は出しやすく、回避力は高い。 Aerofighterには及ばないながらも速度は出しやすく、回避力は高い。
ライン 199: ライン 199:
 ^  MV/​TR補正 ​ |  MV-1  |  TR+1  | ^  MV/​TR補正 ​ |  MV-1  |  TR+1  |
  
-^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​ホバー ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |+^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​滑空 ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |
 ^  移動適正 ​ |  ×  |  優  |  ×  |  ×  |  ×  | ^  移動適正 ​ |  ×  |  優  |  ×  |  ×  |  ×  |
  
ライン 212: ライン 212:
 地上で普通に走るだけで出せるのはこのカテゴリくらいだろう。 地上で普通に走るだけで出せるのはこのカテゴリくらいだろう。
  
-また、速度面で優位なホバーや飛行では不可能な「後退」が可能であり、\\+また、速度面で優位な滑空や飛行では不可能な「後」が可能であり、\\
 地上を高速かつ細やかに走破できるという点はさすがの地上特化型。\\ 地上を高速かつ細やかに走破できるという点はさすがの地上特化型。\\
 砲塔による死角のない全方位攻撃を合わせれば、これは普通に強い。 砲塔による死角のない全方位攻撃を合わせれば、これは普通に強い。
ライン 233: ライン 233:
 ^  MV/​TR補正 ​ |  MV-1  |  TR+2  | ^  MV/​TR補正 ​ |  MV-1  |  TR+2  |
  
-^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​ホバー ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |+^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​滑空 ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |
 ^  移動適正 ​ |  ×  |  並  |  並  |  ×  |  ×  | ^  移動適正 ​ |  ×  |  並  |  並  |  ×  |  ×  |
  
ライン 240: ライン 240:
 GroundCarを車両と表現するのならば、こちらは戦車型。\\ GroundCarを車両と表現するのならば、こちらは戦車型。\\
 利用可能な部位は同じで、宇宙に出られないという仕様も同じ。\\ 利用可能な部位は同じで、宇宙に出られないという仕様も同じ。\\
-1つ異なる点として、走行速度がやや劣る代わりにホバー移動が解禁されている。+1つ異なる点として、走行速度がやや劣る代わりに滑空移動が解禁されている。
  
-ホバーと走行(輪行)では基本的にホバーの方が速度は出せる傾向があるものだが、\\+滑空と走行では基本的に滑空の方が速度は出せる傾向があるものだが、\\
 GroundHuggerでは部位の少なさの関係で推進装置の数が増やしにくいため、\\ GroundHuggerでは部位の少なさの関係で推進装置の数が増やしにくいため、\\
 結果として速度も出しにくく、よってこの部分の利点はあまり大きくない。 結果として速度も出しにくく、よってこの部分の利点はあまり大きくない。
  
 それよりも、最大の特性は戦車型としての防御性能にある。\\ それよりも、最大の特性は戦車型としての防御性能にある。\\
-GroundHuggerが装備した装甲には、一律で耐久値 +50 のボーナスが与えられる。\\+GroundHuggerが装備した装甲には、一律で装甲値 +50 のボーナスが与えられる。\\
 各部位が元から持つ装甲も、追加装甲として上から被せたものも同様の扱いであり、\\ 各部位が元から持つ装甲も、追加装甲として上から被せたものも同様の扱いであり、\\
-両者を合わせればそれだけで +100 の耐久力増加となる。+両者を合わせればそれだけで +100 の装甲増加となる。
  
 GroundHuggerという時点で重装甲型の機体として設計されるのが普通であるため、\\ GroundHuggerという時点で重装甲型の機体として設計されるのが普通であるため、\\
ライン 262: ライン 262:
 ^  MV/​TR補正 ​ |  MV+0  |  TR+1  | ^  MV/​TR補正 ​ |  MV+0  |  TR+1  |
  
-^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​ホバー ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |+^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​滑空 ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |
 ^  移動適正 ​ |  並  |  ×  |  ×  |  ジ  |  ×  | ^  移動適正 ​ |  並  |  ×  |  ×  |  ジ  |  ×  |
  
ライン 277: ライン 277:
 そして、各々に特殊であるZoanoidとGroundHuggerの両者から、\\ そして、各々に特殊であるZoanoidとGroundHuggerの両者から、\\
 ・飛行がジャンプとして処理される(推力ボーナスは同等)\\ ・飛行がジャンプとして処理される(推力ボーナスは同等)\\
-・装甲耐久値にボーナス(+25、GroundHuggerの半分)\\+・装甲値にボーナス(+25、GroundHuggerの半分)\\
 ・宇宙に出られない\\ ・宇宙に出られない\\
 という特性を受け継いでいる。 という特性を受け継いでいる。
  
 宇宙に出られないという欠点はどうしようもないものの、\\ 宇宙に出られないという欠点はどうしようもないものの、\\
-砲塔を含めて扱える部位の多さ、そして耐久面で優位性から、\\+砲塔を含めて扱える部位の多さ、そして耐久面で優位性から、\\
 地上戦における「歩行戦車」としての強みを持つ型だと言えるだろう。 地上戦における「歩行戦車」としての強みを持つ型だと言えるだろう。
  
ライン 291: ライン 291:
 ^  MV/​TR補正 ​ |  MV-1  |  TR-2  | ^  MV/​TR補正 ​ |  MV-1  |  TR-2  |
  
-^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​ホバー ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |+^:::^  歩行 ​ ^  ​行  ^  ​滑空 ​ ​^ ​ 飛行 ​ ^  宇宙 ​ |
 ^  移動適正 ​ |  並  |  ×  |  ×  |  良  |  良  | ^  移動適正 ​ |  並  |  ×  |  ×  |  良  |  良  |
  
mech_types.1572881754.txt.gz · 最終更新: 2019/11/05 00:35 by 名無しⅡ号

OSDN